這一首是在開頭的高潮場面出現的插曲。是由真希波・真理・伊拉絲多莉亞斯(真希波‧マリ・イラストリアス)駕駛「EVA暫定5號機」對抗第三使徒時,一邊前進、一邊哼唱的歌曲。
其實我是在看完電影後,才發現原來真有這一首歌呀。本來還以為是即興掰出來的呢。(←失禮!)
其實不太想特地把這首歌拉出來打一篇文章的,若放進上一篇其實會比較好。但是這似乎太過為難無名了(太擠了,塞不進去吧,試了好多遍都失敗了),所以就......別為難它啦。

《三百六十五歩のマーチ》(三百六十五步的行進曲)──這首歌是在1968年11月10日發表於水前寺清子的單曲裡頭。是一首鼓勵人們向前的行進曲。

這首歌在片頭的高潮場面中,乍聽之下也讓我覺得有點突兀,尤其是從即將迎戰使徒的駕駛員口中哼唱出來,更是如此。

但這一方面也好好演出駕駛員──真希波──的性格,讓我們得知這位新豋場人物,是個在這種情況下,也能樂在其中的好戰份子,也因此表現出了另類的熱血感覺。

由於在觀看這段時,我不知道這名駕駛員正是新豋場的女角(眼鏡娘的眼鏡被罩住,看不到了嘛~)。所以聽到真希波悠哉地哼唱這首歌曲,也讓我心想:「這這......這傢伙沒問題嗎?」看看以前那些坐上「EVA」與使徒作戰的前輩們,就可以知道這絕非兒戲呀。也因此,這樣的落差,反而營造出另一種緊張感


EVA暫定5號機

除此之外,這首歌的歌詞,其實也稍微點出了這次的主題。「幸福是不會走過來的,所以要自己走過去」,很有勵志的感覺。也與影片後面的橋段中,真嗣的那股熱血表現相呼應。

現在就來播放一下原唱──水清寺清子──的版本吧!這首輕快有力的歌曲,聽起來還挺有趣的。不知道什麼時候會有完整的阪本真綾(真希波)版本呢?



三百六十五歩のマーチ ' r3 J. m- J& \# k1 K4 d
5 s) t; G8 V7 _; j6 [: y
星野哲郎 作词 . d" |2 X) w3 N
米山正夫 作曲 '

ワン・ツー ワン・ツー
ワン・ツー ワン・ツー

 

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないで 歩け ソレ
ワン・ツー ワン・ツー
ワン・ツー ワン・ツー

 

しあわせの 扉はせまい
だからしゃがんで 通るのね
百日百歩 千日千歩
ままになる日も ならぬ日も
人生は ワン・ツー・パンチ
あしたのあしたは またあした
あなたはいつも 新しい
希望の虹を だいている
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないで 歩け ソレ
ワン・ツー ワン・ツー
ワン・ツー ワン・ツー

 

しあわせの 隣にいても
わからない日も あるんだね
一年三百六十五日
一歩違いで にがしても
人生は ワン・ツー・パンチ
歩みを止めずに 夢みよう
千里の道も 一歩から
はじまることを 信じよう
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないで 歩け ソレ
ワン・ツー ワン・ツー
ワン・ツー ワン・ツー

 






創作者介紹
創作者 jojobret 的頭像
jojobret

丹可磨也,而不可奪赤

jojobret 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()